きんちゃん&ぷーちゃんの日記帳
最新の湯巡り情報とトピックスのご紹介
<< 鳥海山 2013初夏 | main | 春爛漫の新井田川 >>
Nov 2013 立山
0
    2013年11月 立山 スキー&温泉の企画のスタート


     
    ようやくまとまった雪が降り、期待に胸を膨らましながら扇沢より立山へ。
    扇沢周辺では猿を良く見かけますが、近づくと威嚇の姿勢、荒げた泣き声でこちらを睨みます。
    傍目に見ているとちょっとしたしぐさが可愛い。


    扇沢よりトロリーバスにのり黒部ダムへ。
    夏の爽快さと異なり、水墨画のような静かなダム風景が広がる。


    初滑りに期待を膨らませ、ダム上をスキーを持ちケーブルカーへ向かう足取りは軽い。


    室堂に着くとガスで視界が悪く遠くまでは見通せない。
    ビールや酒やらで重くなっているザックを背負い、温泉を目指す。
    これから3日間お世話になるお宿は、みくりが池温泉。
    立山みくりが池脇に立つ「日本秘湯を守る会」のお宿。昨年9月以来の訪問となる。


    気の早い私達、温泉に入るでもなく、スキーをするでもなく、先ず一番にしたことはソフトクリーム。
    いつものごとく儀式を始める始末である。


    簡単に身支度を整えスキーに出かけるが横殴りの吹雪。
    室堂山荘まで散歩をして、さっさと宿に戻り待望の温泉。 そして、ビール。。。


    11月23日早朝 
    立山は昨日と打って変わり、雲ひとつ無い好天。
    食事を急いで取りツアーへ出発。
    朝焼けに映え大日岳がピンク色に染まる。


    日の出前、月を背景に携え雷鳥平に向かい1stドロップ。
    乾いたパウダー斜面が楽しい、気持ちいい。


    そして、雄山より朝日が上がる。 立山信仰の由来を目の当たりにした思いだ。
    そう言えば、秋の頃は何処からと無くほら貝の音が響いていたことを思い出す。


    自分たちのパーティは雷鳥平を過ぎ雷鳥沢東の稜線を登る。
    とにかく、景色が素晴しい。 歩いているだけでも幸せ。


    立山連峰


    雷鳥沢脇斜面を一本下って、雷鳥沢テン場対面の平地でお弁当&ビール。
    日差しが温かく、仲間と談笑しながらの早いお昼(10:45)


    食事を取っていると急に風に乗り雪煙が、、、
    周りを見渡しても雪煙で立山の稜線が見えない。
    雪崩? 山の天気の急変?

    美しい冬山が牙をむいたのは報道でご存知かと。
    尊い命がいくつも奪われました。 合掌

    この後、雷鳥沢テン場で山岳救助隊の依頼でヘリポート造り。 どこからとなく救助に力を貸すとの声もあるが、2次遭難の危険性もあるとのこと。 遠目に救助作業を見守り宿に戻る。

    そして、夕暮れが、、、
    立山は何事も無かったように静寂な夕焼けに包まれ始める。
    自然は大きな存在、やさしくもあり、恐ろしさもある。
    雄山の夕暮れ

    11月24日 
    AMガスの中、警察の指導もあり安全性の比較的高い室堂山にてスキー
    景色も望めず斜面も良く見えないため、早上がりで温泉&昼食。
    富山ブラック風の黒ゴマ閻魔ラーメンを食べる。
    そうもしていると晴れ間が見えてきました。 青空の広がった中PMのスキーへ。
    下記ほどまでの曇りが嘘のよう。


    そして、みくりが池温泉小屋〆の夕食が。
    通常の夕食の他に数々のオードブルやスイーツ、飲み物が振舞われます。
    ビール、日本酒、ワイン、焼酎なんでもあります。


      



    11月25日
    宿は、あわただしく小屋〆の準備を進めています。
    こちらも7:45始発で下山。 大観峰より、くろ四ダム越しの北ア。


    下山後は温泉。
    9月に改装オープンを迎えた駒止の湯「心笑館」(こころえかん)へ。
    冬場は湯温が低くなるので露天風呂は使いづらいとのこと。



    そして、大町の仕上げは俵屋での食事。
    吉例、バラニクソバとギョウザ



    お腹もいっぱいになったことだし、さて、帰るか!
    Posted by : 管理人 | 登山は楽しい | 08:30 | comments(3) | - | - | - |
    コメント
    きんちゃん!
    本日は、大変お世話になりました。
    春の月山森と合わせて、ありがとうございました。

    憧れの立山、ご無事で何よりです。
    先日のアバランチナイト・・衝撃的でした。
    「無事帰る」ことこそ、鉄人ですね>^_^<

    シーズン初めの立山は怖いので
    ザラメが安定したGWって考えています(^_^;)
    次回、お会いできたときにでも立山のお話を
    いただければと思います!

    今後とも、よろしくお願いいたします。
    | DAZE | 2014/12/13 8:26 PM |

    SHOさん こんにちは。
    自然は怖いですね。
    でも、あの日の立山の美しさは格別でした。
    安全は自分で担保するしかないです。
    滑降後の休憩ポイントも、今回の件で今以上に慎重選ばないと感じています。
    | きんちゃん | 2013/11/30 6:41 AM |

    きんちゃん!
    立山ではどもでした。
    やはり儀式ですね、わかります。

    お互い無事でよかったですが、明日は我が身、安全に遊びましょう。
    | SHO | 2013/11/27 6:31 PM |










    TOP