きんちゃん&ぷーちゃんの日記帳
最新の湯巡り情報とトピックスのご紹介
<< 晩秋 | main | 八甲田BC >>
台湾宜蘭縣 礁渓温泉
0
     2度目の台湾温泉巡り
    早朝に庄内−羽田、羽田−松山と乗り継ぎ、お昼過ぎには台北に到着。
    本当に便利な世の中ですね。

    air
     鹿児島辺りの風景かな?
     台湾 松山空港に到着
    空港からMRT松山機場駅まで歩き、乗車券トークン(ICチップコイン)購入し台北へ。
    前回は、台北中心にMRTフリーパスで徘徊したが、今回は田舎町の宜蘭方面での観光です。
    台北のバスターミナルでチケットを求めバスを待ちます。
    kamaran

    bording

    しばらくして、バス到着の案内。 急いで乗り込みます。
    うわさには聞いていたが、確かにエロいバスです。
    乗ったはじめは、台湾のドラマが映っていましたが、高速に入ると延々とバスの非常時の対応説明が続きます。
    ero-bas

    4,50分すると、礁渓温泉のバス停に到着。
    礁渓に入ると温泉旅館、ホテルの看板だらけ。まるで、昔の熱海温泉のようなイメージです。
    bas

    今回の宿泊は、街中のシティーホテル。
    礁渓楓葉館(シティースイーツホテル)R/C=7400円(朝食付き)と中堅クラスのホテルです。
    中堅といっても、クイーンサイズのベットが2つ、十分過ぎるほどです。
    礁渓楓葉館

    当然のこと、ここは天然温泉が使われています。
    客室浴室、1Fパブリックバス「出雲温泉」、最上階パブリックバス「坪庭之湯」と3箇所楽しめます。このうち、1Fの出雲の湯だけは、混浴で水着、スイミングキャップの着用が課せられています。
    ここの温泉は、わずかに硫黄香を伴う、アルカリ性のナトリウム塩化物泉で、肌がつるつるし、良く温まりなかなか汗が引かない良質な温泉です。
    温泉表示

     ホテル ロビー奥の足湯 
    足湯

     1Fパブリックバス 「出雲の湯」 露天風呂
    パブリックバス

     1Fパブリックバス 「出雲の湯」 半露天風呂
    パブリックバス2

     最上階 「坪庭之湯」 ジャパニーズスタイル
    屋上バス

     お部屋の掛け流し自由のお風呂
    ルームバス

    チェックイン後はこれらの温泉にひと通り入って、夕方の礁渓の町を散策です。
    夕方の礁渓の風景。 車とバイクが混沌としています。 横断歩道、信号の整備はあまりされておらず、日本では考えられない運転スタイルから、メインの通りを渡るのには一苦労します。
    礁渓夜の街

    ホテルの目の前にあった海鮮料理屋さん。
    気にはなっていたものの、つい入りそびれ、未体験。次回チャレンジだな!
    屋台

    この日の夕食は、牛肉麺と餃子で済ませた。 というか、これでお腹いっぱいになってしまった。
    1118晩飯

    そして腹ごなしに、台湾式足裏マッサージ。
    バス停近くのこのお店の足湯は、熱い温泉。 かなり気持ちよかった!
    足湯

    マッサージも終わり、うろうろしているとなにやらお祭りをやっているっぽい。
    大きなテントには、軽く100人は越える人達、奥には祭壇、反対にはステージでカラオケ大会。 何か凄いパワーを感じる。 たぶん、ブッタのお祭りだろう。
    派手なイベント

    夜も更け、中華風な夜景も趣を増してくる。
    日本の温泉街と違い、活気があります。
    夜景2

    夜の台湾で、生ビール♪
    beer

    おまけ  礁渓の町で見かけた温泉タイル。
      

      


    Posted by : 管理人 | 温泉行脚 | 08:53 | comments(0) | - | - | - |
    コメント









    TOP