きんちゃん&ぷーちゃんの日記帳
最新の湯巡り情報とトピックスのご紹介
<< 2012立山 7日目(仙人温泉、阿曽原温泉) | main | 晩秋 >>
2012立山 フィナーレ (下の廊下)
0
     9月14日に酒田を発ち、翌日から山行を始め、はや八日目。
    いよいよラスト、標準コースタイム8時間半の黒部川、下の廊下を遡上し黒部ダムを目指す。

    黒部ダム2




    9月22日土曜日  
    朝、テントの片づけを終え、阿曽原温泉に別れの入浴。心地好い浴感から、つい長湯になってしまう。
    コースタイムも長く、黒部ダム発最終ケーブルカーの時間もあるから遅立ちは許されないはずなのに余裕をかましてしまった。

    出発
     SHOさん提供  Thank's

    先ずは、昨日越えた阿曽原峠。
    ここで、昨晩、宵間を楽しんだお二人とお別れを、、、
    お二人の記念写真撮ったのに、手振れで使い物にならん(泣)
    素敵な出会いに感謝!!

    仙人ダムからは、旧日電歩道の下の廊下
    ダムから下流をみると、人工なのか、自然なのか滝が見れる。
    仙人ダム下

    ダム上を渡り、作業用林道を歩きしばらくすると大きなつり橋。
    非常に高度観があり、ふらつく、足元はスノコ状で真下が見える。 恐ろしい。
    つり橋1

    つり橋を過ぎると、いよいよ本格的な水平歩道の始まりである。
    道幅はさほど狭くは無く、こけない事には安心して進めイメージ。
    しばらく進んで振り返ると水平歩道の高度観を実感する。
    水平歩道はじめ

    先を見てもほぼ水平に延々と続く水平歩道。
    黒部ダム建設に携わった人々の凄さを感じる。
    水平歩道

    ここ黒部川、山深きV字渓谷。 まさにVの字である。
    山々の岩盤の硬さと標高差、そして、豊富な水量が成した自然の造形美である。
    V字渓谷

    今年は秋の訪れも遅く、まだこの標高1000mではほとんど紅葉は楽しめない。
    谷間にひっそりと紅葉の赤い葉が見えた。 紅葉の頃、赤や黄色に谷を染める紅葉を愛でにまた来よう。
    紅葉

    出発から3時間ほどで名勝地「十字峡」 黒部川と剱沢、棒小屋沢と3つの川が交わる場所となる。
    十字峡2

    十字峡1
     棒小屋沢

    十字峡3
     剱沢

    十字峡を過ぎた頃になると、水平歩道と黒部川の高度差は縮まってくるが、相変わらずの谷間と水平歩道である。
    V字中流

    水平歩道脇の沢水。 この日、日差しもあり熱くなった身体に涼感が、、、
    まだ、夏の装いの下の廊下の印象。
    沢水

    そう、忘れてはいけない。 昨年の地震や雨で下の廊下では大規模な崩落が発生している。
    中には、大きな高巻きや仮設山道など、自然の猛威を感じる箇所が多い。
    崩落路

    とは言っても、この雄大な自然の中に一人身を置き、人間の小ささ、心もとなさと、その人間が寄り集い、下の廊下を切り開いた執念と偉大さ知る。
    都会の人工物と違い、大自然の中、その想いがひしひしと伝わってきて、青空がより美しく、より青く感じる。
    青空

    中盤に入ると、えぐるように岩盤を侵食した白竜峡。
    水平歩道一番の難所かつ美しい場所である。
    白龍峡1
     左手の岩のくぼみが下の廊下の真骨頂!

    半分ビビリながら足を進める。
    渓谷は美しい。
    されど、怖い!
    白龍峡2

    このへつりの丸太が落ちたら、、、
    白龍峡3

    この辺りに来ると黒部ダムから入った登山客とすれ違うようになる。
    あわてず広い場所を探し。慎重に交しやり過ごす。
    やがて、白竜峡を過ぎ、黒部別山谷を過ぎると開放感のある河原となる。
    水平歩道(低)

    水平歩道も川面に近づく。
    もう、高度観におびえることも無いが、疲労困憊。
    滝や渓谷を見て気分を紛らわし、最後のスパート。
    カナメ滝

    ようやく、最終地が見えてきた。
    先に見える針の木岳、ズバリ岳の麓が黒部ダムである。
    針の木岳

    この辺りになると、釣り人も入っているようだ。
    いい渓様が広がり、岩魚も居そう!
    フナーレ1

    あー長い道のりだった。
    8時間弱歩いて、ようやくの黒部ダム。
    河原からこの勇姿を見るのは始めてである。
    黒部ダム

    ダム下流の黒部川を渡渉するとダム上部まで標高を稼ぐラストの上り坂。
    これが辛い。
    霧中
     
    そして、到着。
    記念撮影を女性に頼む。。。。
    言葉が通じない。
    黒部ダムは中国人観光客でいっぱいで日本人の方が少ない。。。
    到着

    てな様子で最終日、旧日電道「下の廊下」の山行を終え、ケーブルカー、ロープウエイ、高原バスでアプローチポイントの立山駅まで。
    約9時間のロングトレイル。 背中の荷物は重たかったが充実感のある山行であった。



    水平歩道と言えども、実際は14kmほどかけて標高差400mを登る。

    Posted by : 管理人 | 登山は楽しい | 06:14 | comments(0) | - | - | - |
    コメント









    TOP