きんちゃん&ぷーちゃんの日記帳
最新の湯巡り情報とトピックスのご紹介
<< 2012夏 鳥海山 | main | 2012秋 立山 山行記 Summary  >>
大朝日岳ピストン
0
     大朝日 2012年9月8日 天気晴れ

     絶好の登山日和なので、いつもよりロングディスタンスの大朝日連峰、古寺−大朝日を楽しんできました。

     下界では、まだまだ残暑の残る暑い日が続いていましたが、山の中は開き真っ盛り。

    早朝、5:06 古寺登山口を出発。
    大朝日岳までは山深いので早出が肝心です。

    登山口から少し山道に入ると、古寺川脇に佇む古寺鉱泉が目に飛び込んできます。
    今までに1回だけ立ち寄り入浴。 赤い鉱泉が懐かしい。

     
     古寺鉱泉裏の九十九折を登り、傾斜の緩やかな登山道を進むと目に入ってくるのがこの「合体の木」

     数年前に見たときから、ずっと合体しているので、男:松の木はやせ細って、女:ヒメコマツは勢い良く育っている。
    人間社会と同じである。






















    もうしばらく進むと湧水の水場。
    まだ標高も低く上気した身体に、冷たいお水はとてもありがたい。

    しばらく登って視界が開けると、幾重にも重なった山々の幽玄な姿が目に入ってきます。

    2時間ほど歩いて最初のピーク「古寺山」
    朝日連峰がきれいに見渡せます。 (手前:小朝日岳、奥:大朝日岳)

    山々は、リンドウのお花畑が美しい。
    メインは、リンドウと毒々しいミヤマトリカブトの紫色の花。
    むらさきでは、その他にかわいらしいミヤマリンドウやマツムシソウ、ハクサンフウロなど咲いていました。
    リンドウのお花畑

    きれいに咲いたリンドウ

    ハクサンフウロ

    ミヤマリンドウ

    ヤマハハコ


    ウメバチソウ


    そんなこうだで、小朝日岳、大朝日と進む。
    天気も良く、山々の稜線が美しく、少し霞んではいるが日本海まで見える好天気。
    長距離の登山ですが、景色で疲れも忘れます。



    そして山頂
    1870mとさほど高い山ではありませんが、懐が深いです。
    のぼりごたえ抜群、次回は縦走で望みたいです。

    お昼になると雲が湧いてきました。
    稜線につながる登山道が意欲をそそりますね。

    秋の空、山の緑と紫の花特集!
    マツムシソウと朝日連峰

    リンドウと大朝日岳

    大朝日岳全景

     帰りには、秋のお土産のきのこをちょびっといただきました。

     ムラサキヤマドリタケ

    おいしい、きのこだそうです。


























    Posted by : 管理人 | 登山は楽しい | 05:06 | comments(0) | - | - | - |
    コメント









    TOP