きんちゃん&ぷーちゃんの日記帳
最新の湯巡り情報とトピックスのご紹介
<< なぜか大鳥池散策 | main | かまくら遊び >>
蔵王登山&かもしか温泉
0
     山形に野暮用ができ、ついでに蔵王を目指す。
    蔵王と言えば、かもしか温泉。 これも未湯なのでついでに入浴する。

    蔵王トップ

     酒田を夜も明けぬうちに出て蔵王へ向う。
    蔵王エコーラインで朝の幻想的な風景に出会う。
    蔵王の朝

    今日は、賽の磧(かわら)の駐車場より登山開始。
    久々の晴天の山行である。
    賽の磧登山口

    10月の始めとは言えエコーラインの最高地点では気温1.5℃、
    整備された遊歩道沿いにも霜と霜柱が見て取れる。
    冷え込む朝

    やがて進むと、沢へ降りる分岐点。
     かもしか温泉への物資を送っていたケーブルの残骸がある。
    ここから、200mほど一気に谷へ降りる。
    谷への入り口

    沢まで降りると渡渉点。赤茶けた鉄分のある沢水である。
    渡渉地点

    昔、温泉があったためはっきりとした登山道が続き安心して進めますが、この季節は熊に注意。
    道脇には山ぶどうがいっぱいなっていますので、これを目当てに熊が来るようです。
    かもしか温泉分岐

    かもしか温泉の湯船の跡
    かもしか温泉跡地

    温泉の沢 沢の水も硫黄成分を帯びています。
     楽しみが膨らんできます。

    ここを過ぎると道ははっきりしなくなってきますが何とか進めます。
    樹林帯を過ぎて開けると荒涼とした荒々しい風景が望めます。
    かもしか温泉より

    更に突き進むと噴煙やドカシーも見え、湯船がそこにあることがはっきりします。
    湯煙

    これが、現在のかもしか温泉
    眺望の良い良い温泉です。
    かもしか温泉1

    湯船に浸かり雄大な稜線を見上げるのも、また良し
    青空が美しく、たまに通る飛行機が残す直線的な飛行機雲を追うのも楽しい。
    かもしか温泉2

    入浴目線だとこんな感じです!
    かもしか温泉3

    1時間ほど湯船に浸かり、そして、登山の再開です。
    ロバの耳ルートは廃道に近いため、ルートがはっきりしません。あきらめかけて戻ろうとすると、後続のペアが・・・  地元の方が案内してくれるとなり、ロバの耳ルートを突き進むことができました。
    ロバの耳ルート

    最初の道無きルートのトラバースといきなりの直登がハードです。
    そして、岩をよじ登ってようやく開けてきます。
    先のポッコリ突き出た丘が「ロバの耳岳」です。
    ロバの耳へ

    ロバの耳に近づくとこんな感じ。
    ガレた丘のイメージです。
    ロバの耳

    ロバの耳を過ぎて1時間ほど登ると低木も無くなり、蔵王山頂が近づきます。
    お釜も綺麗に見えます。
    お釜1

    さて、山頂。 
    こちらは重装備の登山スタイルですが、周りには観光姿の人たちが・・・
    不思議な感じです。
    蔵王山頂

    お釜2

    お釜3

    蔵王のお釜をぐるりと回って、大黒天の駐車場の戻ってきました。
    登山口の駐車場までエコーラインを戻ります。

    今日の行程を振り返ると、よく歩いたな・・・ と思い返します。
    朝6:30〜13:30 7時間のアクティビティ
    蔵王振り返り

    登山後は温泉
    お気に入りの蔵王温泉の「川原湯共同浴場」へ
    川原湯

    そして、お気に入りの「冷たい肉そば」(特大) at 吉亭
    冷たい肉そば

    最後に、これまたお気に入りの「ゆ〜チェリー」に寄って酒田に戻ったのでした。

    Posted by : 管理人 | 登山は楽しい | 08:15 | comments(0) | - | - | - |
    コメント









    TOP