きんちゃん&ぷーちゃんの日記帳
最新の湯巡り情報とトピックスのご紹介
<< 深山の秘湯 | main | 秋の摩耶山 >>
2009年 高天原温泉山行記
0
    2009年9月の五連休を使って高天原温泉に向かう。
    山行概要は次のとおり。

    9/18 自宅→有磯海SA(仮眠)
    9/19 →折立登山口→薬師峠キャンプ場(泊)
    9/20 →北ノ俣岳→黒部五郎岳→黒部五郎キャンプ場(泊)
    9/21 →鷲羽岳→水晶岳→温泉沢ノ頭→高天原温泉(泊)
    9/22 →薬師沢小屋→太郎小屋→折立口→北陸道(途中仮眠)
    9/23 →自宅

    1日目 9/19(土)  
    有峰林道亀谷ゲートには、ゲートオープンを待つ車で行列と成る。この林道は、有料1800円(6:00−20:00通行可)である。
    ゲートが開き通過するまで20分を要した。


    07:00 折立登山口に到着
        ここで入山の仕度、トイレ(順番待ちで時間掛かる)
    07:30 折立口(1350m)より登山開始。
     樹林帯の坂道を登り始める。
    taka_02

    08:50 三角点(1870m) 大休止
    09:50 昼食(2133m) 休憩ベンチにて簡単に昼食
    11:00 太郎小屋(2320m)到着  
    11:15 薬師峠キャンプ場 
     幕営(500円)を行いのんびり寛ぐ、連休の初日のためテン場は大賑わいである。見る見るうちに開きスペースが無くなる。山々の紅葉とテントのカラフルな色のコントラストが妙にマッチする。
    taka_04

     明日向かう黒部五郎岳の稜線が美しい。
    taka_03

     時々ガスが覆いかぶさってくるが、夕方になるに連れ風が強まりガスも雲も吹き飛ばされ快晴の夜空となる。
     月明かりも無いため星々の輝き特別に綺麗だ。天の川などははっきり見えまるで雲ノ橋が渡されたかのよう。ツェルトから顔を出し星を眺めると寝てしまうのが勿体無い。
    taka_05

    2日目 9月20日(日)    
    04:00 起床 快晴である。簡単な朝食後片付け
    taka_06

    05:40 薬師峠キャンプ場出発、太郎小屋をスルーし先を急ぐ
    07:30 神岡新道分岐通過
    07:37 北ノ俣岳山頂(2661m)
    09:30 昼食 中俣乗越
    10:53 黒部五郎分岐  空荷でピークを目指す。
    11:10 黒部五朗岳山頂(2839m) 薬師岳の眺望が美しい。
    kurobe5

    11:30 休憩後分岐点を出発 カールルートを取る。 
     カール内は庭園のような別天地、巨岩、雪渓などで眼を楽しませてくれる。
    taka_08

    13:00 黒部五郎小舎キャンプ場
     三俣キャンプ場を目指すかの悩みどころ、小屋の生ビール(900円)の誘惑に負けこの地で幕営(500円)。ゆっくり身体を休め明日の英気を養おう。
     幕営地からは、笠ヶ岳の眺望がすばらしい。
    taka_09


    3日目 9月21日
    04:00 起床
    05:00 出発 先が長いため暗いうちに行動開始
    taka_10
    taka_11

    06:15 三俣蓮華分岐 トラバースルートへ
    07:10 三俣山荘着 休憩、温泉沢の情報入手
    taka_12
    08:40 鷲羽岳山頂(2924m) 小屋から急坂を直登、きついです。
    washiba

     山頂付近は硫黄の香りがする。ワリモ分岐の先に硫黄の筋らしきものがあった。
    09:25 ワリモ岳山頂(2888m)
    09:44 ワリモ分岐(水晶岳、祖父岳、高天原の分岐)
     水晶岳を目指すこととする。
    10:25 水晶小屋 昼食 
     定員30人の宿に昨夜126人が宿泊したそうな(~~;
    11:44 水晶岳山頂(2986m)
    suisyo

    12:00 ピークを降り赤牛岳方面へ
     今までと変わり、うそのように人気が少なくなる。
     途中、高山の薄紫色のアゲハ蝶が出迎えしてくれた。
    13:00 温泉沢の分岐
    taka_14

    13:20 しばし休憩し高天原目指す
    taka_15

    15:19 温泉沢の高天原温泉の源泉井
     湯温はあまり高くなく50℃弱
     硫黄香の単純泉に僅かな炭酸味がある。
    taka_17

    15:30 高天原温泉着 早速入浴
     先に川原の開放的な露天風呂  (湯船2つ)
     次に本格的な露天風呂に浸かる。(混浴1つ、女湯2つ)
     単純硫黄泉で源泉湯温は45℃〜50℃、投入湯量も多く状態は良い。
    takamagahara

    16:50 高天原山荘着 宿泊120人/定員50名と大混雑
     夜8:00頃 再び湯に浸かる。星空を眺め1時間ほど・・・
     誰も来る人が無く独り占めの入浴。 

    4日目 9月22日
    04:20 三度目の入浴 夜明け前の星を見ながらの入浴
    05:14 出発、高天原山荘にて仕度を整え、管理人さんと談笑。
     ガスが下り、雨が降り出しそうな天気。雲ノ平は雲の中とのことで、雲ノ平キャンプ場はパスし、予定を切り上げ帰路に着くこととする。
    05:50 山荘出発
    06:45 薬師沢出会
     ここからは、沢沿いを歩くこととなる。
     巨岩を超えたり、鎖道、垂直階段と疲労した身体に堪える。
    taka_19

    09:50 薬師沢小屋 昼食
    taka_20
    10:40 小屋発

    12:50 太郎小屋着 ゆったり休憩 
    taka_21

    13:40 出発
    15:50 折立口着

    下山後 アルプスの湯で身体を解す。
     入浴料600円で健康ランド並みの施設
     含鉄()・ナトリウム-塩化物温泉 約17g 膏薬臭の濃い温泉
     源泉露天風呂があり納得の入浴感、内湯はろ過した物を使用していた。ジャグジー、薬湯、歩行浴、サウナ、水風呂と充実

    その後、夕食を取り、滑川ICより帰路に向かう。

     


     
    Posted by : きんちゃん | 登山は楽しい | 07:04 | comments(0) | - | - | - |
    コメント









    TOP